Eat Me! Brownie

February 7, 2020

今でも覚えている。初めて作ったブラウニーのことを。

この時期になると、学校生活を送る人はバレンタインデーのチョコレートを交換し合いっこをしますよね。当時僕が学生の頃も、そんなことをしていて男女仲の良いグループで手作りのチョコレートを交換しあおう!ということになりました。

図書室で借りてきた本の中に、ブラウニーというものを見つけました。材料を用意して、さっそく家に帰り作業に取り掛かったのですが、

「湯煎にかけて溶かす。」

の意味が分からず、刻んだチョコレートのボウルの中にお湯をダイレクトに注いでしまい、当然のことで、チョコレートはシャバシャバの状態。失敗に終わったことを鮮明に思っています。

そんな失敗(なかなかこんな失敗をする人はいないと思いますけど)がないように、今このブログを見てくれている人へ、ブラウニーの作り方をご紹介していきたいと思います。ハンドミキサーで卵をふわふわにして作るのは、まるでガトーショコラのレシピのようですけど、そうすることによって外側はさっくりと、中はしっとりとなりました。

あ。ちなみになんですけど、今回のポイントはフレークソルトをトップに散らすこと。このお塩があるだけで、味がしまりますよ。おためしあれです。

SERVE!!!

Eat Me! Brownie

Prep TimeCook Time
10mins30mins

Ingredients

クーベルチュールチョコレート(カカオ58%) 110g

クーベルチュールチョコレート(カカオ80%) 80g

無塩バター 110g

グラニュー糖 150g

たまご 3個 

バニラエクストラクト 小さじ1

薄力粉 75g

塩 小さじ1/4

フレークソルト(マルドンの塩) 適量

Instructions

  • ボウルに、2種類のクーベルチュールチョコレート、バターを入れ、湯煎にかけて溶かす。
    溶けたらヘラを使い、艶が出るまでやさしく混ぜる。
  • 別のボウルに、たまごとグラニュー糖を入れ、ハンドミキサーでふわふわになるまで混ぜる。
    ※4分間ほど
  • たまごのボウルに溶かしたチョコレートを入れ生地を混ぜ、小麦粉、塩をふるい入れ、ゴムベラを使い粉気が無くなるまですくい混ぜる。
  • ベーキングシートを敷いた、15cm×15cmのスクエア型に流し入れ、平らにならして180℃のオーブンで焼く18分焼く。型の底を台に数回落とし、生地の表面に亀裂をいれる。フレーク状の塩を適量散らして粗熱をとったらできあがり。

Notes

・粗熱をとってラップをし、翌日に食べるのがおすすめです。
・焦がし過ぎないように注意する。

SHARE WITH

Facebook Twitter

SHARE WITH

Facebook Twitter